1. トップ
  2. ブログ
  3. 日本語
  4. 『浄財』という熟語の構成

『浄財』という熟語の構成

『浄財』という漢字です。

修飾か目的か?

漢字の勉強をして学んだことです。

熟語の構成のしかたにはいろいろあって、例を挙げると

例1.上の字が下の字を修飾しているもの (和食、洋食)

例2.下の字が上の字の目的語あるいは補語になっているもの (着陸、離陸)

今まで『浄財』については、鎌倉の銭洗弁天の印象が強かったので熟語の構成は例2だと思っていましたが間違いでした。正しくは例1の構成です。辞書で調べても『財をきよめる』という意味は載っていませんでした。