1. トップ
  2. ブログ
  3. 日本語
  4. 怪しいけど妖しい妖怪。『怪』と『妖』の使い分け

怪しいけど妖しい妖怪。『怪』と『妖』の使い分け

妖怪という熟語です。妖は紫色、怪は紺色で書いています。

漢字の勉強をして学んだ『怪』と『妖』の使い分けについて紹介します。

怪しいと妖しいのちがい

怪しい

この『怪しい』は、『疑わしい』『不気味』『あてにならない』『異様な』という意味です。

例えば、『あいつの言動が怪しい』『怪しい人影を見た』などです。

ミステリーで犯人だと思われる人に使う言葉ですね。

妖しい

この『妖しい』は、『心をひきつける』『人を惑わす』という意味です。

例えば、『妖しい魅力をもった絵画』『星が妖しく輝く』『妖しい美しさ』などです。

ミステリーで犯人だと思われる人に『妖しい』は使いませんね。

妖怪について

日本では妖怪ブームがたびたび起こります。妖怪が登場する創作物がたくさんあります。

『妖怪』という熟語は『あやしい』という言葉を重ねてできています。字の通り、異様で不気味で怖いけど、どこか人をひきつける魅力を妖怪は持っているんですね。